最高のクリニックの定義

働き盛りの投薬治療

54歳の叔父が腎不全で5年以上透析をしています。クリニックコンサルティングのお陰で集客が順調な病院には週3回、透析の時間は1日4~5時間かかるそうです。時間的な負担だけではなく、水分制限も厳しく、特に水分は食事を含み1日700mlの制限があります。とにかくその水分制限が通院以上に大変だと話しています。建築関係の仕事をしていましたが、透析を初めてからは続けられなくなり退職しました。根管治療の専門医を東京でしている家族もいるので生活費も必要なので、妻が働きに出ることになりました。ただ透析が必要になって障害者年金が出るようになりました。

透析治療の公的保証

身体障害者手帳は1級をとれますが、障害年金は2級ということになります。新大塚の歯医者で働いている叔父は、働いていたときの厚生年金分もあるので、月に10万円くらいの年金になっているそうです。それと区の手当ても1万5千円くらいあり、合計では11万5千円くらい受けられています。妻の収入と年金でなんとか生活はしていけますが、働いていたころは苦しくなり、区役所に相談したところ、障害者優遇として公営住宅に入居できました。透析患者は正規の仕事に就くことは難しく、退職せざるを得ない状況になってしまう場合が多いようですが、手当てや住宅優遇制度など、活用できる制度もたくさんあるようです。糖尿病になって服薬を始めて20年近くになります。昨年から腎不全となり透析を受けています。

透析治療の通院頻度

今の所、週に3日で1回4時間を、近くの総合病院で受けています。食生活には気をつけているのですが、1ヶ月に2~3回ほど、5時間など時間が増えるので辛いです。透析時間が伸びた時には、自分が作った料理のせいだと妻も自分を責めるので、それも申し訳なく感じています。透析になって食事療法も辛いですが、義理の息子たちと酒を飲めなくなったことのほうが辛いです。糖尿だけの時には、量を決めて飲んでいたのですが、透析後は完全に断酒状態なので、酒なしで、どのように接すればよいのか分かりません。また妻に病院の送り迎えをやっていてもらい、それも申し訳なく思っています。公共交通機関がない田舎であるし、送迎サービスがある透析病院もあるのですが、私の場合、血管が細すぎて透析用の太い注射針が入らないということで、総合病院でしか透析は受けられず、妻に送迎を頼まなくてはなりません。もちろん、透析の注射の痛みや、透析時間の長さへの嫌気も大きいですが、なによりも妻に多くの負担をかけてしまっていることが辛いです。

|サプリメント|クリニックの教科書|病院ネット|医療ナビ|医療ラボ|健康ナビ|病院ナビ|病院ラボ|病院の教科書|クリニックナビ|クリニックラボ|クリニック集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|ショッピングカート|工務店向け集客ノウハウ|マッサージのリアル口コミ.com|JALカード|初値予想|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|