本人の不安に寄り添う家族

透析患者の日常生活

透析を受けている人は、日常生活の中で不安を抱えながら生活をすることになります。そして自分が更に悪くなった時には、命のことも考えるようになるのです。後どれくらい生きることが出来るだろうかという感じですね。そののため、透析を受けている人は気持ちの中でいつも揺れている状態です。そしてその透析を受けている人の家族もまた、同じように辛いです。ちょっとしたことでも心配してしまいます。透析をしている人が少ないので、相談できる人も少ないと感じるのです。何かあった時にどんな風に、どこの病院がいいのだろうか夜間はどうしたらいいのだろうかと悩みました。

透析患者の家族の不安

そしてその本人の気持ちを支えることも重要と思っています。悩んでいるようならその気持ちを聞いてあげることが大切なのです。異常がある時には、かなり落ち込むのでその時に寄り添い一緒に頑張るつもりを持つことにしていました。本人も辛いですが、その気持ちを支える家族もまた辛いと思っています。